0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

宗正刃物

宗正刃物公式ショッピングサイト|正統刃物を取り揃えています

商品によって【納期】は異なります。詳しくは商品詳細より確認ください。海外発送はこちら

Delivery date is depends on products, please ask us by Email. We ship to all over the world, please click here.

ご注意事項 NOTICE

■刃物類の販売に関しまして
当店では、20歳未満の方に対しての刃物類の販売はいたしておりません。
ご注文の際は必ず生年月日をご記入下さいませ。
また場合により、お買い上げの際、身分証明書類のご提出を求めることがございますのでご了承くださいませ。

■銃刀法について(必ずお読み下さい)
所持許可証について:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は“銃砲刀剣類”ではありませんので所持許可証の必要はありません。
携帯につて:和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般刃物は、そのサイズに関係なく正当な目的(キャンプ、釣り、狩猟等)以外には絶対に持ち歩かないで下さい。
※もし、キャンプ等に携行する場合は、その目的に合った服装をし、更に、直ちに取り出し、使用出来ないよう布等で厳重に包み、リュック等に収納して現地まで携行して下さい。
所持について、銃刀法の「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀・脇差・短刀や5.5cm以上の剣(西洋の剣)のことであり、和式狩猟刀や洋式ナイフ等一般の刃物が15cm以上であっても、所持(自宅に保管)は許されています。

二代目本成寺作 貴肌鉄刀木鹿角「冠落」8寸5分・両刃 Honjoji 2nd 「

二代目本成寺作 貴肌鉄刀木鹿角「冠落」8寸5分・両刃 Honjoji 2nd 「Kanmuriotoshi 」255mm・Double Bevel


新境地を拓く衝撃のデビュー作!
二代目 本成寺 Honjyouji 2nd
かんむりおとし
二代目本成寺作 貴肌鉄刀木鹿角「冠落」8寸5分・両刃
Honjoji 2nd Kanmuriotoshi 255mm・Double Bevel
商品番号 M1803-101
[スペック/ SPEC]
〈鍛冶師/Blacksmith〉二代目 本成寺 Honjyouji 2nd
〈全長/Full Length〉380mm
〈刃長/Blade Length〉225mm
〈刃厚/Thickness〉6.5mm
〈刃幅/Blade Height〉46mm
〈本体重量/Weight〉608g
〈地金/Cladded Steel〉ダマスカス積層鋼 Damascus Steel
〈鋼種/Steel〉日立安来鋼 青紙二号 Blue #2
〈柄/Handle〉鉄刀木+スタッグ Ironwood + Stag
〈鍛法/Forging〉三枚合わせ鍛造 Sanmai
〈地肌/Texture〉玉杢目肌 Tama-Mokume-Hada
〈鞘/Sheath〉高級ヌメ皮一本合わせ手縫い High Quality Custom Made Leather

二代目 本成寺 Honjyouji 2nd
(にだいめほんじょうじ)
二代目本成寺(三条守弘)昭和42年生まれ。少年の頃より鉄と遊び愛着をもつ。昭和59年本成寺修司に師事。平成6年独立、三条守弘を名乗る。平成17年、二代目本成寺を襲名。


<解 説>

二代目本成寺。昭和59年長切れの修司と異名をとる、本成寺修司(ほんじょうじしゅうじ)に師事。平成6年独立、三条守弘(さんじょうもりひろ)を名乗る。その後、師の熟達した技術の全てを継承し尽し、尚、研鑚の日日を送る。平成17年、類稀(たぐいまれ)なる、そのずば抜けた才能を見込まれ、二代目本成寺を襲名。 初代本成寺の晩年の作は、三年間に渡り全ての工程を代打ちし師を支えた。今日、その技倆はさらに冴え渡り、師を越え、出藍の誉となろう豪奢なこの一本。《貴肌鉄刀木鹿角「冠落」(きはだてっとうぼくしかつの「かんむりおとし」》として、新境地を開き、新たなる衝撃のデビューを飾った。 本作のモチーフとなったのは、その昔、平貞森(たいらのさだもり)が、朱雀天皇(しゅじゃくてんのう)より賜った平家重代(へいけじゅうだい)の名剣“小鳥丸(こがらすまる)”。その名剣の特徴である、鎬造(しのぎづく)り、冠落(かんむりおと)しの雰囲気を残しながら、華麗さと重厚感を強調。 刀身は、今までに無いワンクラス上の高級ダマスカス鋼に、鮮やかな切れ味で定評の青紙2号を、二代目本成寺の得意とする三枚打ちに火造り鍛造。厳選された極上の鉄刀木(てっとうぼく)のハンドルは、柄尻(つかじり)まで一体構造のフルタング方式。そこには、貴重なエクサレント、サンバースタグ(鹿角)を精巧にインレイ。さらに、周囲をレッドファイバースペーサーで縁取り、全体を典雅に引き締めている。 研ぎ仕上げは、まさに、二代目本成寺の真骨頂。○カ京都正本山合砥石(まるかきょうとしょうほんやまあわせどいし)をはじめ、数種類の天然砥を駆使。根気良く研ぎ、磨き上げ、まるで日本刀のような凄じい切れ味を暗示させる。この、見る者を魅了する日本伝統の冠落(かんむりおと)し。豪奢を極めたその刀姿の底からは、目の肥えた男だけが見分けることのできる、気品と風格が匂い立つ。